スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉 

皆さま、家事に育児に、仕事に勉強にとお疲れさまです。

ブログをしていて一番嬉しいのは、コメントをいただいたとき。

誰かのブログや、日記(mixiなど)を読んでそれついてコメントをするっているのは、
僕にとってはちょっと勇気のいることです。

コメントをしようと書き始めても、登録せずに消してしまうこともあります。
それは、「言葉」はとても難しいと思うから。
ある内容に意見や異を唱えるときはもちろん、
賛同したり、褒めたりすること場合でも難しいなと感じます。

電話や会って話すのならば、声のトーンや表情でも気持ちを表せるし、
相手の反応もすぐに分かるので、それに応じた対応が出来る。

だけど、メールやコメントは「文字」のみ。
同じ言葉でもいい意味にも、悪い意味にもとれる場合があるから、
文字に込めた気持ちをちゃんと伝えるのは難しいと感じます。

ブログを書くとき、コメントをするとき、
いただいたコメントに返事をするとき、いつも考えます。
「自分の言いたいこと、気持ちが伝わる文章になっているか」と。
「登録」のボタンをクリックする前に「これでいいの!?」って何度も自分に聞いてしまいます。

だから、僕のうまくない文章を読んで、何かを想い、文章を書いてくれたということに
ありがさと、嬉しさを感じます^^

また、まとまりのない文章になってしまいましたが、
コメントをいただける嬉しさを伝えることが出来ればと思って書きました。

読んでくださってありがとうございます。

皆さまに、すべての良きことが、なだれのごとく起きますように。
今日も生かしていただいて、ありがとう御座位ます。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは、記事が更新されるたびにかかさず来ていますが、このところコメントもいれずでごめんなさい。

ブログ運営をしていると読者の皆さんからいただくコメントを読むのは楽しみのひとつですよね。

しかし、僕のブログでは今年からコメント受付を停止。掲示板も外してしまいました。

というのも、そこそこ書き込みが多くにぎわっていた反面、口汚く罵ったり、記事を読み違えて暴言を吐く人、参加者同士で誰それさんとはウマが合わないからもう書き込まないなどトラブルが続いたからです。

おかげで楽しみは減ってしまいましたが、わざわざメールでお便りを寄せてくださる方もいるのはホッとします。
ネットの世界は文章だけなので本当に難しいですね。ちょっとしたことで誤解を受けたりこじれたりします。

言葉は人を生かしも殺しもします。励まされますが、少したがえれば傷つきもします。扱いには注意が必要ですよね。自戒をこめて・・・

やまちゃんさま、コメントありがとう御座位ます。
謝らないで下さい。とても嬉しいです。
このブログにコメントを下さる方々は、素晴らしい方ばかりなので、
本当にありがたいなと思っています。

ブログは、特に文字だけのやり取りなってしまうので、
誤解や行き違い、文字では表現しきれない想いのために
起きてしまうトラブルは、ある意味避けられないのかもしれないですよね。

読んでくださるすべての人に100%賛同してもらえるような文章を
書くことはとてもできないけれど、
下手な文章でも、誤字脱字があっても、敬語が多少間違っていても、
自分の抱いた想いを少しでも抱いたままのかたちに近づけて、
表現することが出来たら良いなと思っています。
簡単なことではないのですけれどね。

夢と現実の狭間

テツさんはじめまして。テツさんの姿勢・謙虚さ・コメントいつも感心させられます。私の地元でも移動販売を始めたものの2か月で辞めた人がいます。私は勇気ある撤退だと思います。テツさんのモチベーションは強固ですね。固定の販売場所はなかなか許可がもらえませんか?またテツさんは移動販売の収入だけで生活できますか?ぜひ教えて下さい。よろしくお願い申し上げます。やっぱり親の援助も必要ですか?

Re: 夢と現実の狭間

ドリーマーさん、コメントありがとう御座位ます。

最近、移動販売をする人は、かなり増えてきているようですね。
TVやマスコミや雑誌に取り上げられる姿が楽しげであったり、
固定店舗より開業費用が抑えることが出来るということや、
世の中の経済状態が理由なのではないかと、個人的に思っています。

実際に始めると分かりますが、とても厳しい仕事です。
個人での営業ということもあると思いますが、
ちゃんとした場所での営業許可をいただくことは、簡単ではありません。

僕は、移動販売の収入と元々準備していた資金で生活しています。
開業してもすぐに安定した売上は見込めないと思いますので、
開業資金とは別に、1年は生活できるほどの
蓄えがあるほうがいいと思います。
両親からの金銭的援助は受けていません。

自分は移動販売を経験していて状況を知っていたので、
開業前と後でのギャップは感じませんでした。
イメージ先行で始めると厳しい現実にぶち当たると思います。

自分は、ものすごく恵まれています。
応援してくれたり、支えてくれる人たちがたくさんいます。
もちろん、両親の理解もとてもありがたいです。
そして、何より「移動販売」という仕事が大好きです。
だから、苦しいと思うことはありません。

どんな仕事でも厳しさは絶対にありますよね。
個人でするならなおされです。
でも、自分で選んで、好きでしていることなので楽しいです。

まだまだ、偉そうに語れるような状態ではないのですが、
ここまでに自分が経験したことで、役に立つことがあれば
参考にしていただきたいと思いましたので、
長々と書いてしまいました。

ありがとう御座位ました。

コメントの投稿














トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://curecurrykokopelli.blog95.fc2.com/tb.php/49-1bf88a3a

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 CureCurryKokopelli~幸せカレー屋さん物語~ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。